Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

梅樹下草模様小袖 酒井抱一筆  重要文化財 江戸時代中期~後期 (国立歴史民俗博物館蔵)

特集展示 『もの』からみる近世「吉祥のかたち」

19/1/5(土)~19/2/11(月)

国立歴史民俗博物館

吉祥とは、良いきざし、めでたいしるしを意味する言葉。絵画や工芸品の中には、吉祥にかかわる意味や願いを込めて制作されたものが少なくない。歴史的に何度も何度も繰り返して表現され、定番と化した図像やモティーフの組み合わせには、特定の吉祥の意味づけがなされている場合が多くある。例えば、松竹梅や鶴亀がめでたさの象徴であることは、良く知られている。
吉祥を意味する図像やモティーフの組み合わせには、中国の伝説や思想に端を発するものも多くあるが、能の祝言曲の『猩々』や浦島太郎の物語のように、日本で芸能や説話にとりいれられ、独特の展開が見られることがある。また、細かな相違では、長寿を象徴する鶴は、中国では白鶴なのが日本では白鶴に限らないこと、亀は、中国では三千年生きるとされていたのが日本では一万年になっていること、鯉の瀧のぼりの鯉は、中国では角が生えかけているのが日本ではそうではないこと、などがあげられる。
このたびの特集展示では、そうした日本での展開に留意しつつ、吉祥にかかわる絵画や工芸品を歴博の所蔵品の中から選んで展示し、図像やモティーフに託された意味を読み解いていく。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30~16:30、月曜日休館(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般420(350)円、高校生・大学生250(200)円、中学生以下無料

※(  )内は20名以上の団体
※毎週土曜日は高校生入館無料
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館無料
※高校生及び大学生の方は、学生証等要提示

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play