Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

収蔵コレクション展「動物たちの共演」

18/12/8(土)~19/2/11(月)

長谷川町子美術館

今年は地震や台風など、自然災害による被害が日本国中に大きな爪痕を残した年でもあった。毎回、私たち人間は自然の前には無力だと痛感させられる。あとはおだやかに年を越したいと願うばかりだ。
このたび、長谷川町子美術館では収蔵コレクション展「動物たちの共演」を開催。世の中は空前の猫ブーム。ペットと言えば犬が主流だったはずが、いつの間にやら猫にその座をうばわれてしまった。その仕草のかわいらしさが大きな魅力ではあるが、犬とちがって散歩もしなくていいし、手がかからないというのが最大の理由にあげられるそうだ。しかし、犬であれ猫であれ、私達人間が動物たちに癒しを求めているのは事実だろう。今回の展覧会では、動物をその作品の主要なモチーフにした作品ばかりを選んでみた。猫はもちろん、鳥、犬、馬、牛、鹿など、さまざまな動物たちの息づかいまでもが聞こえてきそうな、まさに動物たちの共演。
また、2階の町子コーナーでは長谷川町子原作展「サザエさんと意地悪ばあさん」を同時開催。長谷川町子の二大代表作である「サザエさん」と「意地悪ばあさん」は、賑やかでゆかいな家族を描いたものと、いたずらばかりで周りを困らせるおばあさんを描いた、いわば対極にある作品だ。しかし、まるで違う作品でありながらどちらも人間の本質をとらえ、またその根底には町子の温かいまなざしが見え隠れしている。改めて両作品を同時にご覧いただくことで、よりいっそうそれぞれの作品の魅力を感じていただけることだろう。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:30、月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月25日~翌1月4日)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般 600円、大高生 500円、中小生 400円

※団体20名様以上、65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方とその介添えの方、各100円割引

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む