Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ブリキの太鼓

ポーランドのダイツィヒ(現在のグダニスク)を舞台に1927年からの45年間の暗い時代を少年オスカルの目を通して描く。3歳の誕生日を迎えたオスカルは大人の世界を拒絶するため自ら地下の倉庫へ転落。その日から彼の成長は止まり、同時に奇声を発するとガラスが壊れるという超能力を身につける。オスカルの母は夫アルフレートの目を盗んで従兄と情事を重ねるが、良心の呵責に耐えかね、成長しないオスカルへの絶望もあって自殺する。そのころヒトラーが政権を取り、町ではユダヤ人狩りが始まろうとしていた……。奇声を発しながらブリキの太鼓を叩き続ける成長を止めたオスカルは、ナチス政権下のポーランドの歴史そのものであり、シュレンドルフは、原作者グラスの意図する二重構造の世界を的確に捉えている。超能力やサーカスの小人たちなど非日常的要素を加えながらポーランドの暗い時代をストレートに表現した映像が強烈な印象を残す。難しいオスカル役をこなしたベネントの名演も素晴らしい。

アプリで読む