Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

村上友晴展 ― ひかり、降りそそぐ

18/10/13(土)~18/12/6(木)

目黒区美術館

村上友晴(1938~)は、目黒区在住の日本を代表する現代作家、独自の世界を貫くその姿勢から生まれた静謐な絵画に対して、昨今国際的評価がさらに高まっている。
目黒区美術館では、村上のこれまでの制作の中で、要ともいえる作品を所蔵している。《PSALM 1》初期版画集1979年、村上を代表する黒の絵画《無題》1980~82年、《無題》1985年~87年、紙による赤と黒の石版による《東大寺修二会》1990年、白い紙のドライポイントによる《十字架への道》2001年。本展覧会では、同館所蔵の村上作品を中心に構成しながら村上作品の世界に触れていく。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~18:00、月曜休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般 800(600) 円、高大生・65 歳以上 600(500) 円、小中生無料

※障がいのある方は半額・その付添者1名は無料
※(  )内は 20 名以上の団体料金
※目黒区在住、在勤、在学の方は受付で証明書類を提示で団体料金(他の割引と併用はできません)

出品作家

お問い合わせ