Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

前本利彦「誘蝶花」2001年

現役作家の代表作

18/3/16(金)~18/7/11(水)

成川美術館

戦後の日本画は、戦前の日本画壇が築きあげてきた伝統的な歴史画や花鳥風月から決別し、それまでの日本画にはなかった新時代の感情表現を試みる作家が現れはじめる。私的ロマンが込められた等身大の日本画は、戦後世代の「個」に徹する意思の強さの表れでもある。また、女性が社会に進出するようになり、日本画の世界でも、自分の道を切り拓き活躍する女性画家たちが多く現れるようになった。女性ならではの感性で描かれる作品は、新たな日本画の世界を生み続けている。現代日本画を代表する女性作家を含めた現役作家の代表作を展示する。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00~17:00、会期中無休

料金

一般1300円、大学生・高校生900円、中学生・小学生600円

※幼児無料
※10名以上の団体は一般1100円、大学生・高校生700円、中学生・小学生500円
※障がい者手帳をご提示いただくと入館料は1000円(同行の方1名様も同額)

出品作家

牧進

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play