Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ヒトラー暗殺、13分の誤算

15/10/16(金)

TOHOシネマズ シャンテにて公開

たったひとりでヒトラーに立ち向かった男

トム・クルーズ主演の『ワルキューレ』で描かれたようにヒトラー暗殺は40回以上も計画、実行され未遂に終わったが、『ヒトラー/最期の12日間』のオリヴァー・ヒルシュピーゲル監督が未だに謎の多い実話を映画化。ナチスが英国諜報部の関与まで疑った暗殺未遂事件をまったくの単独で実行した無名の家具職人ゲオルク・エルザーの実像に迫る。

1939年11月8日。ヒトラーが演説をいつもより早く切り上げ、退席した後に時限爆弾が爆発。独秘密警察ゲシュタポが逮捕したのは、36歳の家具職人ゲオルク・エルザーだった。単独犯行を主張するゲオルクへの尋問から浮かび上がる、彼の人生と信念とは?

アプリで読む