Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ヒロシマ・ピョンヤン~棄てられた被爆者~

10/7/3(土)

ポレポレ東中野にて公開

広島で被爆した朝鮮人女性の悲痛な叫び

広島で被爆し、現在は朝鮮民主主義人民共和国で暮らす朝鮮人女性、リ・ゲソンを追ったドキュメンタリー。日本で暮らす最愛の母と会うこともままならず、放射線の後遺症で今も苦しむ彼女の姿を通し、在朝被爆者たちの怒りと悲しみを映し出す。様々な厳しい規制のある朝鮮で長期ロケを実現させたジャーナリスト、伊藤孝司監督の丹念な取材力が光る。

'45年、米軍が広島と長崎に落とした原子爆弾は、一瞬にして多くの人々の生命を奪った。ただ、被害にあったのは日本人だけではない。朝鮮籍の被爆者も数多く存在する。戦後、朝鮮民主主義人民共和国に戻り、平壌で暮らす被爆者のリ・ゲソンをカメラが追う。

上映情報

ジャンル
日本映画 ドキュメンタリー
制作年・国
2009/日本
配給
ヒロシマ・ピョンヤン制作委員会
ヘッド館
ポレポレ東中野にて公開
上映時間
90分
公開日
2010/7/3(土)

キャスト&スタッフ

アプリで読む