Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ほとけをめぐる花の美術

19/2/28(木)~19/3/31(日)

根津美術館

泥の中から伸び、水に触れることなく清らかな花を咲かせるハスは、“蓮華(れんげ)”と呼ばれ、仏教を象徴する花として知られている。「ほとけをめぐる花の美術」展は、この蓮華をはじめ、釈迦の生涯を見守った無憂樹(むゆうじゅ)や沙羅(しゃら・さら)、想像上の花である宝相華(ほうそうげ)や宝樹(ほうじゅ)、日本の聖地に咲く桜など、30数件の仏教絵画に描かれたさまざまな花を紹介する展覧会。さらに、経箱、華鬘(けまん)、華籠(けこ)など、蓮華をあしらった工芸品約10件が、ギャラリーに華を添える。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1100円、学生800円、中学生以下無料

※20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き