Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」

18/7/10(火)~18/9/17(月)

国立歴史民俗博物館

企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」は、近世から近・現代にかけて展開してきた「おみやげ」という贈答文化とその背景となる旅と観光の様相を、主に国立歴史民俗博物館が所蔵する資料を通して紹介する。
国民すべてが一年に一度以上、旅行に行くとされる現代においては、おみやげの贈答もまた、日常的なやりとりの一つとなっている。本展では、おみやげが生まれる場所とその特質、おみやげと旅を経験する人々との関係、そして旅の果てにたどりつくおみやげの行方に注目していく。
また「おみやげ」のコレクションを通して、日本人における人とモノと物語のつながりも問い直す。人はなぜ、おみやげを集めるのか、おみやげのコレクションからは、日本文化のどのような特質が見えてくるのか。本展では資料約1300点を展示し、さまざまな「おみやげ」の変遷や背景をたどる。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)、毎週月曜日休館(祝日の場合は翌日休館、8月13日(月)は開館)

※開館日・開館時間を変更する場合あり

料金

一般830円、高校生・大学生450円

※中学生以下無料
※20名以上の団体は一般560円、高校生・大学生250円
※総合展示もあわせて観覧可
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料
※高校生及び大学生の方は、要学生証 (専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様)
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館が無料

お問い合わせ

アプリで読む