Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

次郎物語〈1941年〉

秀作「風の又三郎」を監督した島耕二が、宮澤賢治に続いて下村湖人の名作に挑んだ作品。村の旧家に生まれた次郎という少年が波乱に富んだ生活の中で大人へと成長していく過程を描く。館岡謙之助の脚本が原作をうまくまとめており、島耕二の演出も手堅く清らかな作品である。マンドリンを生かした伴奏音楽が斬新な効果を出している。

上映情報

ジャンル
日本映画
制作年・国
1941/日本
配給
日活多摩川
上映時間
79分

キャスト&スタッフ

アプリで読む