Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

堀 文子《民族衣装》

【特別追悼展】堀 文子展 ~感謝と哀悼の意を込めて~

19/7/18(木)~19/11/20(水)

箱根・芦ノ湖 成川美術館

今年の2月に100歳でこの世を去った堀文子は、戦後を代表する女流画家であり、冒険的な仕事をしてきた稀代の芸術家だ。常に新しい作風で観る人を魅了してきた。また「群れない、慣れない、頼らない」をモットーとする凛とした自由な生き方でも注目を集め、多くの人に愛されてきた。100点を超える堀文子コレクションを収蔵する同美術館では、哀悼の意を込め追悼展を開催する。
画家がアトリエを構えた軽井沢とイタリア・トスカーナ地方の風景をはじめ、カラフルで自由な革新的な花鳥画、ヒマラヤ・中南米を取材した作品、身近な植物や生物を科学者のような視点で見つめた作品など、初期から最晩年の作品を一堂に展示、その画業を振り返る。スケッチ類、「NHKきょうの料理」の表紙絵も展示する。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00~17:00、無休

料金

個人一般1300円、大学生・高校生900円、中学生・小学生600円
団体(10名以上)一般1100円、大学生・高校生700円、中学生・小学生500円

※幼児無料
※障がい者手帳をご提示いただくと入館料は1000円となり、同行の方ご1名様は同額となります。
※「インターネット特別割引券」をご提示いただければ、一般入館料が、1100円となります(HPより特別割引券を印刷してお持ちください)。

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む