Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930s-2010s

19/2/2(土)~19/3/24(日)

アーツ前橋

木版画は、特殊な素材や道具を必要とせず、また安価に複数の作品を制作できるDIY的な簡便さゆえに、美術の世界を超えて、アジア各地の政治・社会運動のなかでしばしば制作された。自分の感情を主体的に表現し、社会の問題をえぐりだし、遠隔地の人々との連携を求める「メディア」として、木版画はアジアの近代化に重要な役割を果たした。
1930年代に魯迅が推進した木版画は巨大な運動体となって中国各地で展開する。日本では戦後の民主化運動やサークル誌で木版画が盛んになり、多数の中国版画展が開かれた。1980年代の韓国では、激烈な民主化運動のなかで木版画が多様な手段で大活躍する。今日のインターネット時代でも、インドネシアやマレーシアではパンク音楽家や美術家グループが、自由と自立を求めるメッセージを木版画で発信し続けている。
本展は、以上の時代・地域の作品のほか、ベンガルの独立運動、シンガポールの日常、ベトナム戦争、フィリピン闘争などをテーマとした木版画(リノカットを含む)作品と版画を掲載した印刷物などの資料あわせて約400点を紹介。木版画を大衆的な「メディア」としてとらえ、異なる時代と地域をつなぐ版画運動のネットワークに注目する本展が、日本を含むアジア近現代美術史全体をとらえなおす契機になるだろう。
また、本展は福岡アジア美術館、美術館連絡協議会との共同主催となる。福岡アジア美術館の展示構成に加え、アーツ前橋では、現代社会における諸問題を扱い、地域の人々と共に活動を行うアーティストの表現として、韓国鐘路区にて再開発により立ち退きが決まった団地で住民たちと多様なプログラムを行なったアーティストグループのオギン・コレクティヴ(韓国)、移民の労働問題や海洋汚染問題に目を向け、様々なプロジェクトを行うイルワン・アーメット&ティタ・サリナ(インドネシア)の2組を紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

11:00〜19:00、水曜日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般500円、学生・65歳以上・団体(10名以上)300円、高校生以下無料

※障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は観覧料
※3月21日(木・祝)は、「国際人権差別撤廃デー」のため、観覧無料
※本店会期中割引:以下の条件でご来場の方は、観覧料300円
①トワイライト割:開館中の17時以降にご来場された方
②映画割:前橋シネマハウスで上映する「タクシー運転手」の半券をご提示の方

お問い合わせ