Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

食の器

19/6/25(火)~19/9/1(日)

日本民藝館

日々の食事で用いる食器は、その誕生から現在に至るまで、私たちに最も身近な生活工芸の一つだ。本展では、実生活に交わる日用雑器に美を見出し、「生活と美の結合」を目指した柳宗悦のコレクションから「食の器」に着目し、江戸時代の饗応や年中行事で使用されたハレの器、柳の工芸論の形成に大きく影響した、わび茶の系譜に連なる茶の湯と懐石の器、そして柳が日常生活で使用した食器を軸に展観する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日休館(祝日の場合は開館し、翌日休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1100円(900円)、大高生600円(500円)、中小生200円(150円)

※( )内は20名以上の団体料金(事前要予約)
※障がい者とその介護者1名は割引料金500円にて入館できます。手帳をご提示ください。

お問い合わせ

アプリで読む