Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

悪夢の香り

19/6/22(土)~

川崎市市民ミュージアム

ドキュメンタリーとフィクションの境界を軽々と乗り越えるフィリピンの映画作家K・タヒミックが、監督・主演など5役をこなして作り上げた長編第1作。タヒミック自身が演じる主人公は、植民地主義が染みついたフィリピン社会に育った“僕“。アメリカ人のビジネスマンに気に入られてパリに旅立ち、ニューヨーク、ドイツと渡り歩いていく彼の旅の物語が、ナンセンスとも思える展開と詩情豊かなユーモアで語られる。

アプリで読む