Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

読売日本交響楽団 第617回名曲シリーズ

18/12/20(木)

サントリーホール 大ホール

時代を超え、心に響きわたる《歓喜の歌》 クラシック音楽の歴史に燦然と輝く不朽の名作、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」。最終楽章で高らかに響く”歓喜の歌”は、年の瀬の日本を彩る風物詩としても親しまれています。〈第九〉には、国境を越え、世代を超えて、多くの人に感動をもたらす特別な魅力がある。今年の読響〈第九〉公演、指揮にはイタリアの名匠マッシモ・ザネッティが登場。ベルリン国立歌劇場、ドレスデン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座など世界の一流歌劇場で活躍しているマエストロ。ウィーン国立歌劇場など世界各地で歌うソプラノのアガ・ミコライをはじめ国際的に活躍する独唱陣、日本が誇るプロ合唱団の新国立劇場合唱団とともに。

ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 Op.125 「合唱付き」

公演情報

ジャンル
オーケストラ/ピアノ/他

未就学児童は入場不可。連続券・車椅子・学生席は問合せ先まで。

料金

S:9,500円
A:7,500円
B:6,000円
C:4,500円

キャスト&スタッフ

管弦楽
読売日本交響楽団
メゾソプラノ
清水華澄
テノール
トム・ランドル
バス
妻屋秀和
合唱
新国立劇場合唱団

指揮:マッシモ・ザネッティ/ソプラノ:アガ・ミコライ

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play