Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

写真発祥地の原風景 長崎

18/3/6(火)~18/5/6(日)

東京都写真美術館

日本における写真文化のセンター的役割を担うという美術館の基本的方針に基づき、東京都写真美術館では、毎春、初期写真に焦点を当てる展示を開催している。2018年は「写真発祥地の原風景 長崎」を開催。日本の写真発祥地では、開国と同時に写真制作がはじまり、近代化の歴史は写真によって記録された。写真の普及が早ければ早いほど、その土地の写真は多くなる。海外に開かれた港町として栄えた"異域"長崎では、ピエール・ロシエ(Pierre Rossier)やフェリーチェ・ベアト(Felice Beato)などの外国人写真師が訪れて写真を制作。一方、上野彦馬、内田九一をはじめ、薛信二郎、清河武安、為政虎三などの日本人写真師も誕生し、日本の写真文化が開花する核となった。本展では、同館が収蔵する上野彦馬『長嵜市郷之撮影』、内田九一『西国巡幸写真帖』および同撮影で日下部金兵衛が頒布した《(長崎パノラマ)》、フェリーチェ・ベアト『幕末アルバム』や『ボードイン・アルバム』(長崎大学附属図書館蔵)、伝・堀江鍬二郎《上野彦馬像》(日本大学藝術学部蔵)、『内田九一写真帖』(長崎歴史文化博物館蔵)等の写真作品のほか、川原慶賀《長崎出島之図》(長崎大学附属図書館 武藤文庫)、写真を原図に用いた青貝細工の《長崎風物図箱》や、長崎版画、稀覯本の展示も予定。長崎学に造詣の深い姫野順一博士(長崎外国語大学特任教授・長崎大学名誉教授)監修のもと、幕末・明治の長崎を展示室に再構築する。本展は、「明治150年」を記念するとともに長崎大学附属図書館の幕末・明治期日本の写真データベース公開20周年を記念し、同大学と共同で開催。なお、本展は長崎歴史文化博物館に巡回(5月22日~6月24日)予定。また「写真発祥地の原風景」はシリーズとして展開し、北海道編、東京編の開催を予定している。

開催情報

10:00~18:00(入館は閉館時間の30分前まで)、月曜日休館(ただし、4月30日、5月1日は開館)

※木・金曜は20:00まで

料金

一般700円、学生600円、中高生・65歳以上500円

※小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play