Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

《アズサ》 2018年 油彩・麻 150×150cm

リチャード・ゴーマン展 KEIJO 形情

19/4/6(土)~19/6/2(日)

茅ヶ崎市美術館

ダブリン、ミラノ、日本と世界中に制作拠点を持つアイルランドを代表するアーティスト、リチャード・ゴーマンの展覧会を開催。
1946年ダブリンに生まれたゴーマンは名門トリニティ・カレッジで経営学を学び、自動車業界に就職したが、少年の頃からの夢を捨て切れず、31歳にして美術学校に入学、画家としての第一歩を踏み出した。日本との関わりは古く、90年代に福井県の岩野平三郎製紙所で作られる越前和紙に出会ってからは、重要な素材としてその後の作品に活用してきた。和紙による繊細な作品は、キャンヴァスを用いた油彩画の堅固なフォルムと好対照を成している。
ゴーマンの作品の特徴は、絶妙な色彩で色分けされた幾何学形体の組み合わせにある。有機的で遊び心を感じさせるそれらの作品を、アイルランドの映画監督、ニール・ジョーダンは“Emotional Geometry”(感情的な幾何学形)と評している。
谷崎潤一郎の文学から湘南の地に憧れを抱いていたゴーマンが、茅ヶ崎市美術館を訪れたのは2015年。以来同館での展示を前提に作品を制作してきた。
アイルランドで育まれた美意識と湘南・茅ヶ崎の風土の融合を試みることが本展覧会の目的のひとつ。私たち鑑賞者は約20点の「感情的な幾何学形」を通して、自分自身に眠る、忘れていた感情を思い出すことが出来るかもしれない。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00、月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)、5月7日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般700円(600円)、大学生500円(400円)

※高校生以下、市内在住65歳以上の方・市内在住の障害者およびその介護者は無料
※(  )内は20名以上の団体料金

出品作家

お問い合わせ