Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

清川泰次 色と色のハーモニー

18/4/3(火)~18/8/26(日)

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー

ものを写すことに捉われない、独自の抽象芸術を探求した画家・清川泰次(1919~2000)。清川は、静岡県浜松市に生まれ、学生時代に独学で油絵を始めた。初期には具象的な作品を描き、二科展や読売アンデパンダン展などで活動していたが、1950年代に約3年間の渡米を経験し、本格的に抽象表現へ移行する。その後、清川は、少しずつスタイルを変えながら、線と色面のみによる表現で作品を描き続けた。アメリカから帰国直後には、様々な色の線と面で構成された作品を多く描くが、1963年に再び渡米してからは、白を基調としたシンプルなスタイルへと変わっていく。さらに、晩年の1990年代には、再び色彩豊かな作風となり、線、色、かたちによる美を追求。本展では、清川の作品における「色」に着目しながら、初期から晩年までの作品10数点を展示。約60年にわたり精力的に制作を続けた清川の、色彩の変遷を見ることができる。

開催情報

10:00~18:00(最終入館は17:30まで)、月曜日休館(7月16日は開館、7月17日は休館)

料金

一般200円、大高生150円、65歳以上/中小生100円

※小中学生は土、日、祝・休日、夏休み期間は無料
※障害者の方は100円(80円)、ただし小中高大学生の障害者は無料
※介助者(当該障害者1名につき1名)は無料
※20名以上は団体割引料金

出品作家

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play