Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

世界の眼でみる古墳文化

18/3/6(火)~18/5/6(日)

国立歴史民俗博物館

日本列島には、3世紀中頃から6世紀までの約350年間、世界史的に見ても稀なスケールをもった先史モニュメントが築かれた。それは現代でも地域の景観を演出し、一部はいまだに国家的祭祀の対象となっている。本展は、2019年の第1展示室[先史・古代]のリニューアルオープンに先立ち、日本の歴史と文化の最大のシンボルともいえる古墳を、世界の先史モニュメントと比較して特質をあぶり出し、その主人公として葬られた王の姿を出土品などから復元する。さらに、そのような王や古墳の姿を、現代日本のアートやサブカルチャーの担い手、世界の考古学者たち、古墳が築かれたのちの今までの日本人や日本社会がそれぞれどんなまなざしで見つめ、そこに何を求め、未来にどう伝えようとしているのかを、作品・写真・古文書・出土品・複製品など約100点のさまざまな展示を通して明らかにする。

開催情報

9:30〜17:00(入館は16:30まで)、月曜日休館(休日の場合は翌日が休館日)

料金

一般830円、高校生・大学生450円

※小・中学生無料

出品作家

アーティスト
岡本太郎
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play