Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

再興第103回院展 茨城五浦展

19/2/23(土)~19/3/24(日)

茨城県天心記念五浦美術館

再興院展は、日本美術院が主催する日本画の展覧会。日本美術院は、明治31年に岡倉天心が中心となって設立され、明治39年、東京谷中から北茨城の五浦に移転した。そこでは横山大観、下村観山たちが研さんを積み、近代日本画の礎を築いた。大正2年、天心は逝去したが、翌大正3年にその精神を受け継いだ大観、観山らによって日本美術院は再興され、以後多くのすぐれた日本画家を輩出して今日にいたっている。
再興第103回院展 茨城五浦展では、田渕俊夫、那波多目功一ら日本美術院同人の作品34点に加え、日本美術院賞、奨励賞、第24回天心記念茨城賞の受賞作品、さらに茨城県ゆかりの画家の作品等,あわせて65点を紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般620(510)円、満70歳以上310(250)円、高大生410(310)円、小中生210(150)円

※( )内は、20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証を持参の方は無料
※土曜日は高校生以下無料
※3月9日[土]は満 70 歳以上の方無料

出品作家