Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

志賀理江子 ヒューマン・スプリング

19/3/5(火)~19/5/6(月)

東京都写真美術館

東京都写真美術館では、独自のフィールドワークを元に制作する作品群で、日本国内のみならず、国際的な注目を集める写真家 志賀理江子の新作個展「ヒューマン・スプリング」を開催する。
2006年、作家は展覧会参加のため初めて東北を訪れた。その後2008年から宮城県に移住し、土地に暮らす人々と出会いながら作品を制作する生活のなかで、長く厳しい冬を打ち破るような東北の春に惹かれていく。変わりゆく季節から溢れ出る強烈な生のエネルギーが、同時に死を抱え込んでいることに共感した作家は、人間があらゆる位相でさまざまなイメージを求め続ける理由の源をそこに見出し、追い、また、それらが社会にどう繋がれているのかを知ろうとした。  
2011年3月の東日本大震災で、多くの人々の命が一瞬で奪われることを目前にした作家の壮絶な体験は、深く心に刻まれた。時空の裂け目に飛び込むような写真表現は、自らの衝迫と重なるものと言えるだろう。  
本展覧会では、現在を生きる私達の心身の衝動と反動などに焦点をあて、日本各地の様々な年代、職業の人々とともに協働し制作した新作を、等身大を超えるスケールの写真インスタレー ションで構成。平成が終わる大きな節目の春に精神の極限を見つめ、現代の社会と個人、自然と人類の関わりを編みなおし、生の解放される場となれば幸いである。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~18:00、月曜日休館(ただし、4月29日(月・祝)および5月6日(月・振休)は開館)

※木・金曜は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般 700(560)円、学生 600(480)円、中高生・65歳以上 500(400)円

※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)
※小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜日は65歳以上無料
※当館年間パスポートご提示者無料(同伴の方1名様まで無料)

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む