Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」

19/5/3(金)~19/6/2(日)

東京国立博物館

本展は、「日本美を守り伝える『紡ぐプロジェクト』―皇室の至宝・国宝プロジェクト―」の一環として開催する特別展。主催の東京国立博物館、文化庁が、宮内庁三の丸尚蔵館の協力を得て、日本美術の名品を選りすぐり紹介するもの。狩野永徳筆で、皇室ゆかりの名品である「唐獅子図屏風」と、永徳最晩年の名品で国宝の「檜図屏風」が同時公開するのに加えて、雪舟、尾形光琳、葛飾北斎らの名品が一堂に会する。
※会場は、本館特別4・5室で開催

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日休館(ただし5月6日(月・休)は開館、5月7日(火)は休館)

※金曜・土曜は21:00まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1100円(1000円)、大学生700円(600円)、高校生400円(300円)、中学生以下無料

※( )内は前売り/20名以上の団体料金
※障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
※「東京・ミュージアムぐるっとパス」で、当日券一般1,100円を1,000円(100円割引)でお求めいただけます。正門チケット売場(窓口)にてお申し出ください。
※本展観覧券で、会期中観覧日当日1回に限り、総合文化展(平常展)もご覧になれます。

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む