Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

第304回企画 倉俣史朗 小展示

18/10/9(火)~18/10/31(水)

ときの忘れもの

1960年代後半から最新の科学技術に可能性を見出し、空間デザイン、家具デザインの分野で革新的な作品を発表した世界的デザイナーである倉俣 史朗は、アクリル、グラス、アルミニウム、スチールメッシュを多用した作品を多数生み出した。 没後もなおその独創性と希有な存在から多くの人々に影響を与え続けている。
今回の小展示では、1979年の第11回東京国際版画ビエンナーレに出品され、その後長く埋もれていた版画作品「無極 I」「無極 II」を没後初めて公開する。国内外で開催された多くの個展や回顧展にも出品されたことはなく、あまたの文献にもほとんど記載がない。
立体作品としては、浮遊感と透明感にあふれた代表作「Cabinet de Curiosite(カビネ・ド・キュリオジテ)」はじめ、フラワーベース、《ガラスの椅子》のミニチュア作品、繊細な秒針が時を刻む「Just in time(時計)」、磯崎新設計のつくばセンタービル・筑波第一ホテルに使われた家具、《ミス・ブランチ》のマテリア ルとして使われた薔薇を封印したアクリル・オブジェ(没後制作)などを出品する。
美術史的にも重要な1972年の南画廊「三木富雄展」ポスター(デザイン:倉俣史朗、写真:小川隆之)や、国内外で開催された回顧展の貴重なポスター(横尾忠則デザイン他)も倉俣ファンには見逃せない作品が揃う。 同時代に倉俣と協働した磯崎新や安藤忠雄のドローイング、版画作品と合わせて見ることができる。

開催情報

11:00~19:00、日曜・月曜・祝日休廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play