Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

碧い森 under25 —アートの育ち方

18/7/11(水)~18/11/25(日)

もうひとつの美術館

静岡県で、2012年より先駆的な活動をしているアートグループ「waC*」(wonderful art COMMUNITYの略、通称ワック)。ワックに所属するメンバーは静岡県立藤枝特別支援学校を卒業した個性的な芸術家たち。彼らは毎月1回集まり、創作活動をしている。在学中に美術部に所属した彼らに卒業後も創作活動を続けて欲しいと、現役の美術の先生を含めた有志たちによってワックは結成された。ワックで生まれた作品は、既成の枠にとらわれず、各自それぞれの世界を持ち、色鮮やかに、独特な色使いで表現されている。一方、栃木県では、美術部のある特別支援学校は少なく、高等部において美術は作業に取って代わられているところが多いのが現状。そのような環境の中で、障害を持った若い作家たちは家族や周囲の関係者などに支えられながら、個性豊かに力を発揮している。また、群馬県では、2002年よりNPO法人となった「工房あかね」、そして2014年から障害児者の保護者たちが集まり活動を始めた「あめんぼ」も、共に障害者の芸術活動を支援している。
この展覧会では、静岡と栃木と群馬から、25歳以下の若い作家たちの創る力強く、個性的な作品の数々を紹介。障害をもつ子どもたちが創作を始め、さらに継続していくための特別支援学校・家庭・支援の場などの創作環境のあり方に着目しながら、「アートの育ち方」に思いを巡らすきっかけになるだろう。

開催情報

10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)、月曜日休館(但し祝日開館し、翌日の火曜日休館)

料金

大人800円、大学生500円、小中高生・70歳以上・障害者・重度の方付添い400円

※団体20名以上 10%引(要予約)

出品作家

waC*

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play