Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

スターダンサーズ・バレエ団 『Dance Speaks』 2019都民芸術フェスティバル参加

19/3/30(土)~19/3/31(日)

東京芸術劇場 プレイハウス

2005年以来の再演となる衝撃作『緑のテーブル』と『ウェスタン・シンフォニー』、現代バレエ2作品を同時上演。1932年初演の『緑のテーブル』は「反戦」をテーマに創作されたクルト・ヨースによる歴史的作品。本作の放つ痛烈なメッセージは、初演から80年以上が経った今もなお色褪せない。国内ではスターダンサーズ・バレエ団のみがレパートリーに有する2作品による、身体表現の幅を堪能できる珠玉のダブル・ビルとなっている。

演目

『ウェスタン・シンフォニー』
『緑のテーブル』

13:40から総監督・山久美によるプレトークあり

上演情報

ジャンル
ダンス/バレエ

15:40終演予定

料金

S席-8,000円
A席-5,000円
A席学生券-2,000円

都民芸術フェスティバル 2公演セット券あり。

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

振付
ジョージ・バランシン
出演
鈴木稔
メイン
スターダンサーズ・バレエ団

[振付]ジョージ・バランシン [演出]ベン・ヒューズ [振付]ベン・ヒューズ [劇作・脚本]クルト・ヨース [振付]クルト・ヨース [出演]小山恵美 / 鈴木稔

お問い合わせ

アプリで読む