Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「消滅からの形成」

18/9/7(金)~18/9/24(月)

ポーラ ミュージアム アネックス

絵画における「光と影」を追求する画家 宮本佳美は、あらゆる色彩の水彩絵具を混ぜ合わせた「黒ならぬ黒」というモノトーンの世界を繊細な綿布の上に表現している。まるで光を操るように、丹念に、そしてストイックに「白」をハイライトに用いることで、白黒の絵画は研ぎすまされた佇まいを見せている。五島記念文化賞の受賞をきっかけにオランダへ海外研修に渡った宮本氏は、17世紀のオランダ絵画における光「ダッチライト」に代わる現代の光の表現を追求するため、写真など光学的な技術も手段としながら、絵画という文脈において「光と影」というテーマに挑み続けている。本展では、描く対象の植物そのものを白くペイントすることで、彫刻的な陰影を描き出した大作をはじめ、オランダ滞在中に感銘を受けた彫刻作品をモチーフに描いた作品など、新作を中心に約10点発表する。

開催情報

11:00〜20:00、会期中無休

※入場は 19:30 まで

料金

無料

出品作家

宮本佳美

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play