Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

日本フィルハーモニー交響楽団 第13回相模原定期演奏会

19/6/23(日)

相模女子大学グリーンホール 大ホール

“炎のコバケン”こと桂冠名誉指揮者小林研一郎が約3年ぶりに相模原へ登場!今回のプログラムは、チャイコフスキーとドヴォルザーク。時を同じくしてロシアとチェコにおいて活躍し、深い友情で結ばれ、ともに自国の音楽を大きく発展させた2人の大作曲家を取り上げる。ソリストは、元NHK交響楽団ソロ・コンサートマスターを務め、長年にわたり楽団の顔として貢献し、教育者としても三浦文彰はじめ多数の有能なヴァイオリニストを輩出している徳永二男。チャイコフスキーの代表作にして難曲の《ヴァイオリン協奏曲》を、今なお高みを究めようとする徳永が披露。後半は、チェコの名門オーケストラ、チェコ・フィルの常任客演指揮者も務めた小林研一郎が、作曲者が祖国で書いた最後の交響曲《第8番》を演奏。コバケンによるドヴォルザークは、満場のお客様を沸かせた第1回演奏会の《新世界より》以来で、ますます期待が高まる。

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35/ドヴォルジャーク:交響曲第8番 ト長調 op.88 B.163

公演情報

ジャンル
オーケストラ

未就学児童は入場不可。
13:30よりプレ・トークあり。

料金

S席:5,500円
A席:4,400円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

お問い合わせ

アプリで読む