Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

The Intermediaries (18), (detail) 2017. Clay, resin, cement, iron, brass, waxh. 144 × 50.8 × 45.7 cm | 56 11/16 × 20 × 18 in © Courtesy of the artist & Perrotin

BHARTI KHER DJINNS, THINGS, PLACES

18/11/14(水)~18/12/15(土)

ペロタン東京

インドを拠点に活動する著名アーティスト、バールティ・ケールの個展を開催。
バールティ・ケールの日本初となる個展は、物質的および言語的な“ピルエット”を織り成す作品群の集大成であり、「Djinns, things, places」(精霊、モノ、場所)と名付けられたことには理由がある。ケールが2008年に参加した森美術館におけるグループ展「チャロー!インディア:インド美術の新時代」での厚皮動物も、それを覆う精子のシンボルも、これ見よがしに誘惑する“ファルス”も、今回は見られない。本展では貴方自身が“部屋の中の象”であり、ケールによって巧みに縫い合わされた“内省的な沈黙”は、貴方の中に据えるのではなく、むしろ、立ち向かう対象なのだ。
今、ケールは、神聖な庇護の魔獣、そして決して立ち去ることのない魂の師が宿る、この地に佇む。 今日“ポケモン”が息づくほどに、伝説の神秘的な龍が根付くこの地において、恐れられると同時に称賛され、しばしば見過されがちな独特の神性について、ケールはこれまでで最も深く掘り下げている。注意深く耳を傾ければ、この神性とは、私たちの内に眠るものだと示唆するほどだ。「Djinns, things, places」は現代的なトピックを扱った展覧会であるとともに、かねてより神話的なものを弄び、まるでシャーマンのような、ケールのマジックリアリズム的実践の根本理念を示している。

開催情報

11:00~19:00、日曜・月曜・祝日休廊

料金

無料

出品作家

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play