Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

建築 × 写真 ここのみに在る光

18/11/10(土)~19/1/27(日)

東京都写真美術館

現存する最も古い写真は、1827年にジョセフ・ニセフォール・ニエプスによって撮影された、窓から見えた「たてもの」の一角。 写真と建築の関係は写真の黎明期の時代から密接にかかわっている。初期の写真技術では人や動物など動くものは撮影には向いておらず、動かない建物は格好の被写体となったのだ。
また19世紀末は都市開発が進み、街の変貌が著しい時期だった。壊されていく建築や出来たばかりの建築を記録するために、写真という新しい技術が盛んに使用された。そして現在にいたるまで、多くの建築が撮影されている。
本展では東京都写真美術館のコレクションを中心に、さまざまな建築を捉えた写真を展示する。写真が発明された頃からどのような建築が写されてきたのか、そして現代の写真家がどのように建築と関わって撮影をしてきたのかを紹介する。 その中には、今では存在しないものや、実際に見ることが困難なものも少なくない。写真家の眼を通した建築の魅力を堪能してほしい。

開催情報

10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)、月曜日(12月24日(月・降休)および1月14日(月・祝)は開館)、12月25日(火)、1月15日(火)、12月29日(土)〜1月1日(火・祝)休館

※木・金は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
※12月28日(金)、1月4日(金)は18:00まで(入館は閉館の30分前まで)
※1月2日(水)、1月3日(木)は11:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで)

料金

一般 600(480)円、学生 500(400)円、中高生・65歳以上 400(320)円

※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)
※小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜日は65歳以上無料
※当館年間パスポートご提示者無料(同伴の方1名様まで無料)

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play