Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

トータル・リコール〈1990年〉

P・K・ディックの短編小説『追憶売ります』を7000万ドルという巨費をかけて映画化。西暦2084年、地球の植民地と化した火星は、統治者コーヘイゲンの圧政がしかれていた。そのころ、地球にいる肉体労働者ダグ・クエイドは、毎晩同じ火星の夢を見て、うなされる毎日を送っていた。彼は夢の世界を実体験させる“リコール・マシン“を試したことから、自分がクエイドではなく、コーヘイゲンの片腕諜報員ハウザーだったということを知る。ハウザーのやり残したことを果たすため、クエイドは火星へ向かうが……。1シーン、1セットという豪華な作りで、自分を取り戻そうとする一人の男の戦いを描いたアクション大作。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play