Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

三百六十五夜〈1962年〉

市川崑監督作に続く、小島政二郎の小説の2度目の映画化。それぞれの親の借金のために、引き裂かれそうになる相思相愛の若い男女の姿を描いている。高倉健が(何となくつまらなそうに)メロドラマの主人公を演じた作品で、逆に喜々として“色悪“を演じる平幹二朗と好対照を成している。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play