Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

残菊物語〈1963年〉

村松梢風の実録小説の映画化。溝口健二監督(1939・松竹)、島耕二監督(1956・大映)に次いで大庭秀雄が監督した。甘やかされた歌舞伎の御曹子が子守り女から芸の未熟を指摘されて目を覚ますという芸道もの。歌舞伎界の当時のホープ、市川猿之助が主人公を演じている。

上映情報

ジャンル
ラブ・ストーリー
制作年・国
1963/日本
配給
松竹京都
上映時間
105分

キャスト&スタッフ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play