Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

白紅梅織地朝顔麻葉模様浴衣 昭和時代 20世紀前半 東京都江戸東京博物館蔵

特別展 「ゆかた 浴衣 YUKATA ―すずしさのデザイン、いまむかし」

19/5/28(火)~19/7/7(日)

泉屋博古館分館

夏の風物詩、ゆかた。和装離れが進む現代においても、夏祭りなどに出かける装いとしてファンを増やしている。ゆかたは、江戸時代に入浴後のくつろぎ着となり、やがて夏の気軽な外出着として定着した。本展では、江戸から昭和にいたるゆかたの意匠や技法に注目。型紙、当時の風俗が描かれた浮世絵などとともに、素朴でありながら繊細さを兼ね備えたその魅力を、デザイン性と遊びの要素から紐解く。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般800円、学生(高・大学生)600円、中学生以下無料

※団体(20名様以上)2割引
※展覧会により変更になる場合があります。

お問い合わせ

アプリで読む