Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

合唱舞踊劇「カルミナ・ブラーナ」

18/6/16(土)

東京文化会館 大ホール

“観る音楽"合唱舞踊劇、それは歌とダンスと楽器を結びつけた新しいエンターテインメント。1995年のカール・オルフ生誕100年に際し初演され、以後再演を重ねるO.F.C.の『カルミナ・ブラーナ』は、わが国の舞台芸術史上に輝く金字塔で世界に誇る名作。演出・振付を担う巨匠・佐多達枝は合唱団も舞台に上げた。彼らは歌うだけでなく踊り、ドラマを深め、古代ギリシャ劇におけるコロスの役目を果たす。結果、オルフの意図した合唱と管弦楽と舞踊が結合したスケールの大きな“合唱舞踊劇"を創り出したのである。5年ぶり待望の上演は、俊英・坂入健司郎の指揮のもと実力派歌手と東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、児童合唱、合唱、コロスがオルフの名曲を高らかに歌い、奏で、バレエ界の第一線で活躍するダンサーが踊る強力な布陣。新たな伝説が生まれるに違いない。

『カルミナ・ブラーナ』 演出・振付:佐多達枝/音楽:カール・オルフ

公演情報

ジャンル
オーケストラ/ピアノ/他

キャスト&スタッフ

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play