Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

発掘された日本列島2018 地域展「東京郷土資料陳列館と考古学」

18/6/2(土)~18/7/22(日)

東京都江戸東京博物館

1934年(昭和9)11月に開園した有栖川宮記念公園内に、東京市による「東京郷土資料陳列館」(以下、「陳列館」)が同時開館した。東京における公立歴史博物館のルーツともいえる「陳列館」は年中無休、入場無料で、主に公園利用者と東京市内の小学生が来館した。 この展覧会では、江戸東京博物館のルーツでもある陳列館を紹介し、当時の調査で収集された考古資料、初代学芸員片倉信光の活動、片倉が収集したと思われる考古模型標本(土偶、埴輪、須恵器等)などに着目して、当時の東京市における博物館活動と考古資料展示の一端を探る。

開催情報

9:30~17:30(※入館は閉館の30分前まで)、7月16日を除く毎週月曜日、7月17日(火)休館

※7/20は21:00まで開館(入館は20:30まで)

料金

<常設展観覧料のみ必要>
一般600円、大学生・専門学校生480円、中学生(都外)・高校生・65歳以上300円

※中学生(都内)・小学生以下無料
※20人以上の団体は一般480円、大学生・専門学校生380円、中学生(都外)・高校生・65歳以上240円。
※中・高・大学・専門学校生の方は学生証を、65歳以上の方は年齢を証明するもの(健康保険証・運転免許証など)が必要。
※次の場合は常設展観覧料が無料。身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)。入館の際は提示が必要。
※毎月第3水曜日(シルバーデー)は、65歳以上の方は常設展観覧料が無料。(要証明書)
※家族ふれあいの日(6月16日・17日、7月21日・22日)は、18歳未満の子供を同伴する保護者(都内在住)2名の料金が半額。保護者が都内在住者であることを証明できるものが必要。
※7月20日(金)はサマーナイトミュージアムのため21:00まで開館。17:00からは常設展観覧料がサマーナイトミュージアム割引で学生・中高生無料、一般・65歳以上は団体料金。※中・高・大学・専門学校生の方は学生証を、65歳以上の方は年齢を証明するもの(健康保険証・運転免許証など)が必要。

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play