Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

浪花の恋の物語

原作は近松門左衛門の名作『冥途の飛脚』。これを、溝口の晩年の作品を手掛けた成沢昌茂が脚色している。監督は内田吐夢で、リアリズムの監督としては珍しく、ここでは作者の近松を狂言回し風に登場させるなどして、独特の様式美の世界を創出している。徳川時代の大阪の飛脚問屋の養子、忠兵衛は遊女の梅川を愛するあまり、梅川が他の客に見請けされるのを嫌い、それを阻止しようとする。あげく、他人の大金を勝手に使い、梅川を引き取る。やがて二人は罪人の身となり、人目を忍んで生まれ故郷への逃避行を敢行。しかし、その行手には悲劇的終末が待ち構えていた。あまりにも有名な愛の悲劇を内田吐夢は気高く荘重な作品に仕上げている。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play