Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

紀尾井ホール室内管弦楽団 第115回定期演奏会 <ミュトスとロゴスⅡ アポロンに寄せて>

19/2/8(金)~19/2/9(土)

紀尾井ホール

<ミュトスとロゴス>は、寓話・神話(ミュトス)や、聖書・観念(ロゴス)に着想を得た古今の名曲を取り上げるシリーズ。シリーズ2回目は、ギリシャ神話の「詩と音楽の神」=アポロンがテーマ。冒頭はクープランの小さな組曲。クープランはこの曲で、尊敬するイタリアのヴァイオリンの名手コレッリがミューズに導かれてアポロンのいるパルナッスス山を登っていくという空想の物語を描きます。そのコレッリの流れを汲むイタリア器楽音楽に強い影響を受けたバッハの作品を取り上げ、ヴォーン=ウィリアムズの幻想曲は、少しアポロンから離れ、16世紀英国で活躍したタリスが旧約聖書の詩篇に付けた音楽を主題にとるもの。舞台上に弦楽四重奏と2群の弦楽合奏を配して深い響きが生まれます。「弦楽のためのレクイエム」では武満徹ならではの温かみと憂いを帯びた響きを。メインはストラヴィンスキーのバレエ音楽。アポロンの誕生から3人のミューズ(カリオペ/詩、ポリュムニア/演劇、テルプシコレ/歌と踊り)に率いられてパルナッスス山に登るさまを描いた作品。

クープラン:パルナッスス山もしくはコレッリ讃/バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調BWV1041/ヴォーン=ウィリアムズ:トマス・タリスの主題による幻想曲/武満 徹:弦楽のためのレクイエム/ストラヴィンスキー:ミューズを率いるアポロ

公演情報

ジャンル
オーケストラ 室内楽

料金

S席:6,300円
A席:5,250円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play