Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

生誕260年記念 心のふるさと良寛

18/4/21(土)~18/7/11(水)

永青文庫

良寛(1758~1831)は、江戸時代後期の詩歌・書に優れた托鉢僧。越後出雲崎の名主橘屋の長男として生まれ、一時は名主見習となるが、18歳で出家し、越後を訪れた国仙和尚に従って備中(岡山県)玉島の円通寺に入った。10年余りの修行ののち吉野・高野山・伊勢など諸国を行脚して帰郷、国上山の中腹にある五合庵や乙子神社の草庵に住庵した。生涯寺を持たず、名利にとらわれぬ生活を送り、清貧の中で生きとし生けるものすべてへの愛を失わず、子どもと戯れ、友と語り、和歌や漢詩を詠み、書に興じた人であった。そうした良寛の生きざまや遺墨は、いまも多くの人々の共感を呼び、魅了し続けている。本展では日本有数の良寛コレクター秘蔵の作品を中心に、およそ100点から日本人の「心のふるさと」と評される良寛の魅力に迫る。※前・後期で大幅な展示替あり。前期は「壮年期を中心として」、後期は「晩年を中心として」をテーマとして展示。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~16:30 (入館は閉館の30分前まで)、月曜日、5月29日(展示替えのため)

料金

一般1000円、シニア(70歳以上)800円、大学・高校生400円

※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は

出品作家

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play