Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

革命前夜

1960年代の地方ブルジョワの精神状況をみずみずしいタッチで描いたベルトルッチの半自伝的作品。ベルトルッチが22歳の時に撮った長編第2作。地方都市パルマのブルジョワ出身の青年ファブリツィオは、コミュニストであることを自認している。しかし、同じ年頃の友人アゴスティーノの死や、若い叔母との近親相姦的な恋愛を体験して次第に自分の思想の欺瞞性に思い悩むようになる。結局、ファブリツィオは自分がブルジョワの一員であることを受け入れ、ブルジョワの婚約者と結婚する。即興風の演出、本の朗読や引用が多用され、ヌーヴェル・ヴァーグの影響が顕著に現れる。ブルジョワ青年の苦悩を叙情的に描いた青春映画の名作。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play