Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

発掘された日本列島2018 新発見考古速報

19/1/8(火)~19/2/17(日)

川崎市市民ミュージアム

日本列島では、毎年約8,000件の発掘調査が行われている。「発掘された日本列島2018」展では、このうち近年発掘され成果がまとまった全国17の遺跡から546点にわたる資料を速報展示する。さらに、特集展示として全国の代表的な装飾古墳を取り上げる。古墳内部に表現された幾何学紋や器財・動物・人物等の文様は、古墳時代の死生観や葬送儀礼を知る上で極めて高い価値がある。この特集は、東日本大震災や平成28年に発生した熊本地震により装飾古墳が被災した事態を受け、装飾古墳の世界やその保護の取り組みを紹介するものである。
川崎でも、重要な遺跡が数多く発掘されている。現在の川崎市域には、かつて古代武蔵国の橘樹郡・多磨郡・都筑郡があった。この三郡にはそれぞれ、橘樹郡に影向寺遺跡、多磨郡に菅寺尾台遺跡、都筑郡に岡上栗畑遺跡の古代仏教遺跡がある。瓦塔や「寺」と書かれた墨書土器(ぼくしょどき)などが「ムラ」の遺跡から出土し、また丘陵地帯には骨蔵器を用いた古墓群が造営された。これは古代になって新しく出現した有力氏族の墓所と考えられる。本展では、これらの遺跡から発掘された資料から、古代寺院の成立とその後仏教が「ムラ」に浸透していく過程を描きだす。古代の川崎に華開いた、仏教文化を楽しんでほしい。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日(ただし1月14日、2月11日は開館)、1月15日(火)、2月12日(火)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般800円(640円)、学生・65歳以上600円(480円)、中学生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳等をお持ちの方およびその介護者は無料

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play