Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

NADiff a/p/a/r/t 10周年記念展 Chim↑Pom

18/7/6(金)~18/7/22(日)

NADiff Gallery

NADiff a/p/a/r/tがオープンした2008年7月7日。こけら落しで行った展覧会が、Chim↑Pomによる「日本のアートは10年おくれている 世界のアートは7、8年おくれている」。ホワイトキューブになるはずの剥き出しの駆体を汚水で水没させ、建物の剥き出しになった躯体に落書きを書き散らし、新築のギャラリーを一挙に廃墟化させる破天荒で露悪的なインスタレーションとパフォーマンスを行った。以来、Chim↑Pomの活動スケールは留まることなく益々大きな展開規模に発展しながら、広島の原爆、東日本大地震、福島第一原発、大量消費と大量廃棄、スクラップ&ビルドなど、現代社会に全力で介入するメッセージ性の強い作品を次々と発表し物議を醸してきた。Chim↑Pomはアートシーンの域を超えて、多くのオーディエンスから次なる一挙一動を今最も注視されるアーティストだと言える。
今夏、10周年を迎えるNADiff a/p/a/r/tに再びChim↑Pomが登場。ギャラリーを囲む白い壁を破壊し、ギャラリー内部には再び汚水の池を作るでしょう。瓦礫と廃材が水面を漂い、汚水池には「泉」が溢れ、コンテンポラリーアートのお化けがインストールされる。小便小僧は、次は何を?
展覧会初日の7月6日には、オープニングパーティーおよびオープニングパフォーマンスを、7月7日[土]にはこの10年間のアートシーンを振り返る座談会も開催。展覧会を記念した限定マルチプルの販売も会場で行う予定。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

12:00~20:00、無休

料金

無料

出品作家

Chim↑Pom

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play