Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乙女デザイン―大正イマジュリィの世界―

18/10/13(土)~18/11/25(日)

川越市立美術館

大正期に人気を集めた、「かわいい」商業デザインやイラストレーションを紹介する。アール・ヌーヴォー様式の橋口五葉、アール・デコ様式の杉浦非水、竹久夢二の少女趣味の世界など、現代においても、懐かしくて新しい、新鮮なデザインは極めて魅力的だ。ここでは、装幀(ブックデザイン)、挿絵、ポスター、絵はがき、広告、漫画などの大衆的な複製としての印刷・版画を、“イメージ図像”を意味するフランス語の「イマジュリィ」と呼んでいる。大正時代は、複製技術が発達したおかげで、美術が身近になり、同時代の様々なデザインを手に取って楽しむことができるようになった。
本展では、竹久夢二をはじめ、藤島武二、橋口五葉、杉浦非水、坂本繁二郎、岸田劉生、高畠華宵、橘小夢、小林かいちなどのイマジュリィを通して、大正時代のポップ・カルチャーの旗手となって大衆に浸透していったデザインを展示する。同地川越の「大正浪漫夢通り」は竹久夢二の作品を通りのイメージにしている。今も昔も乙女が集うに相応しい情緒が溢れる川越で、乙女が悦ぶデザインの数々を楽しんでほしい。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜17:00、月曜日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般500円(400円)、大学生・高校生250円(200円)、中学生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をご持参の方、及びその介護者1名は無料
※着物で来館された方は団体料金
※11月14日(県民の日)は無料観覧日

出品作家

竹久夢二、杉浦非水、橋口五葉、藤島武二、高畠華宵

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play