Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

水の話

傑作短編「あこがれ」とヌーヴェル・ヴァーグの金字塔「大人は判ってくれない」の間に位置する、映画史の“小さな忘れ物“。パリが洪水で水びたし、というニュースに映画的感性を刺激された若きトリュフォーは現地に駆けつけ、即興でカメラを回し始める。が、間もなく撮影を断念。フィルムもほったらかしになっていたが、ゴダールがこれを編集、パリの大学に通学する若い娘と、彼女がヒッチハイクした車のドライバーが、いつも通い慣れているのに、洪水ですっかり様変わりした道々を脱線しながらパリを目指す、シネ・スケッチとして再生させた。ゴダール自ら、ナレーションを担当している。ビデオ発売時にはJ・シュヴァンクマイエル他の短編が併録されていた。DVDは「アラン・レネ/ジャン・リュック・ゴダール短編傑作選」に収録。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play