Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

若き日の啄木 雲は天才である

怪奇映画監督としてよく知られる中川信夫であるが、彼はまた若かりし時、啄木・朔太郎・新感覚派に心酔した文学青年でもあった。本作はそんな中川の長年の念願の企画で、新東宝も芸術大作としてこれを遇した。進歩的な教育を行い、故郷の学校を追われた啄木の北海道における記者生活、文学と現実の相克、芸者小奴とのかかわりが描かれるが、あまりに啄木に傾倒しすぎたためか、真面目すぎるきらいも。後年、中川自らも“苦しい。苦しい酒みたいだね“としか言及していない。なお、彼はほかにも「虞美人草」と「三四郎」という、2本の明治文学ものを撮っている。

上映情報

ジャンル
日本映画 人間ドラマ
制作年・国
1954/日本
上映時間
101分

キャスト&スタッフ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play