Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

東京フィルハーモニー交響楽団 第913回オーチャード定期演奏会

18/11/18(日)

オーチャードホール

2018年に没後100年を迎えるアッリーゴ・ボーイト(1842〜1918)は、バティストーニの思い入れ深いヴェルディの傑作オペラ「オテロ」「ファルスタッフ」などの台本作家として知られている。ボーイトが台本と作曲の両方を手掛けて26歳で完成・初演した最初のオペラ「メフィストーフェレ」は、ヨーロッパに古くから伝わるファウスト伝説を基に執筆された。悪魔に翻弄される老博士の欲望と運命を描いたファウスト伝説は、音楽や絵画など古くから芸術家たちのインスピレーションの源となってきた。悪魔メフィストーフェレと契約して若さを手に入れた主人公ファウストは、ゆきずりの乙女マルガリータに恋するが、やがて彼女やその家族までも破滅へと導いてしまう・・・。

ボーイト:歌劇『メフィストーフェレ』〈演奏会形式〉

公演情報

ジャンル
オーケストラ

未就学児童は入場不可。

料金

S席-10,000円
A席-8,500円
B席-7,000円
C席-5,500円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

指揮
アンドレア・バッティストーニ
合唱
新国立劇場合唱団
管弦楽
東京フィルハーモニー交響楽団

メフィストーフェレ(バス):マルコ・スポッティ/ファウスト(テノール):ジャンルーカ・テッラノーヴァ/マルゲリータ・エレーナ(ソプラノ):マリア・テレーザ・レーヴァ/マルタ・パンターリス(メゾ・ソプラノ):清水華澄/ヴァグネル・ネレーオ(テノール):与儀 巧/児童合唱:世田谷ジュニア合唱団

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play