Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

グッドモーニング・バビロン!

D・W・グリフィスの映画史上の超大作「イントレランス」のセット建設に参加したイタリアの職人兄弟の波乱の物語。1913年頃のイタリア、トスカーナ地方。聖堂の建築と修復を家業とするボナンニ家のボナンノは、たび重なる借金に家業をたたむ。腕のいい息子のニコラとアンドレアは、運を天に任せてアメリカに渡り、サンフランシスコ万博のイタリア館の建築に参加。その頃、「イントレランス」の製作を決意したグリフィス監督は、イタリア館を建てた棟梁にセット建設を委ねることにする。棟梁になりすましたニコラとアンドレアは、苦労の末作った象を監督に認められる。そして二人はバビロンのセットで、踊り子のエドナとメイベルと結婚する。「イントレランス」は完成するが、第一次大戦が勃発し、ニコラは祖国に戻りイタリア軍に、アンドレアはアメリカ軍に入隊し、互いに戦場で戦う。重傷を負った二人は、お互いの姿をカメラで撮り合うのだった。映画草創期のハリウッドを舞台に職人(=芸術家)の誇りと兄弟愛を描いた堂々たる作品。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play