Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

フクシマからの風 第一章 喪失あるいは螢

12/7/28(土)

ポレポレ東中野にて公開

“希望“への確かな1歩を踏み出した人々を捉える

福島県飯館村と川内村で農業を営む人々。原発事故に伴う放射能汚染により生活や人生を大きく変えられてしまった彼らの姿を克明に映し出したドキュメンタリー。突然出された避難勧告によって自らの生地に留まるものと離れるものに分かれざるを得なくなってしまった村の春から夏までの映像を、加藤鉄監督がまとめあげ、観る者になげかける1作だ。

東日本大震災によって起こった福島第一原発の事故により、福島県の飯館村は放射能高汚染地域に指定された。この土地で自らの所有する山々に薬草などを移植し、育て研究している84歳の老人・昌基さんは発見した発根剤を使って放射能の除染をしようとしていた。

上映情報

ジャンル
日本映画 ドキュメンタリー
制作年・国
2012/日本
配給
東風舎
ヘッド館
ポレポレ東中野にて公開
上映時間
100分
公開日
2012/7/28(土)

キャスト&スタッフ