Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

小原古邨

19/2/1(金)~19/3/24(日)

太田記念美術館

小原古邨(1877~1945)は、明治末から大正、昭和にかけて活躍した絵師。可愛らしい鳥や動物、花といった身近な自然を、木版画で表現した。
本展では、明治末から大正にかけて、松木平吉の元から刊行された古邨落款の木版画や、昭和前半に、渡邊庄三郎の元から刊行された祥邨落款の新版画を展示。さらに、制作工程が分かる、肉筆の下絵や試し摺りも合わせて紹介する。約150点の展示作品(前後期で全て展示替え)を通して、古邨の全貌をお楽しみいただけることだろう。
なお、茅ヶ崎市美術館で開催中(2018年9月9日~11月4日)の「原安三郎コレクション 小原古邨展 花と鳥のエデン」とは、出品作品が異なる別内容の展覧会となっている。
前期:2月1日(金)〜24日(日)
後期:3月1日(金)~24日(日)
※前後期で全点展示替え

開催情報

ジャンル
美術館

10:30〜17:30、2月4、2月12日、2月18日、2月25~28日、3月4日、3月11日、3月18日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般700円、大高生500円、中学生以下無料

※障碍者手帳をご提示いただくと、ご本人様とお付添1名まで、入館料から100円割引(割引の併用はできません)
※中学生以上の学生は学生証を提示

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play