Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

秋の優品展 禅宗の美術と学芸

18/8/25(土)~18/10/14(日)

五島美術館

禅宗寺院を中心に発達した書画や高僧の墨跡、五山版の出版などは中世の文化に大きな影響を与え、日本人の美意識をも深化させた。館蔵品の中から鎌倉・室町時代の禅宗美術の諸相を紹介する(会期中一部展示替あり)。特集展示として館蔵の日本陶磁約十五点も同時公開。国宝「紫式部日記絵巻」を10月6日[土]から10月14日[日]まで特別展示予定。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)、月曜日(9月17日・9月24日・10月8日は開館)、 9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)休館

料金

一般1000円、高・大学生700円、中学生以下無料

※団体20名以上1人800円
※障害者手帳をお持ちの方、ならびに介助者の方1名は200円引
※入園のみ(展覧会をご覧にならない場合)は1人300円(中学生以下無料)

出品作家

牧谿、一休宗純、白隠慧鶴、夢窓疎石

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play