Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

創立99年 日本美術の精華 日本芸術院所蔵作品名品展

18/7/14(土)~18/9/9(日)

小杉放菴記念日光美術館

日本芸術院は、1907年に文部省美術展覧会(文展)開催のために設置された美術審査委員会を母体に、1919年に帝国美術院として創設。その後、帝国芸術院時代を経て、戦後の 1947年に日本芸術院へ改称、芸術上の功績者のための我が国唯一の栄誉機関として現在に至っている。小杉放菴もまた、日本芸術院の会員だった。1935年、帝国美術院の改組にともない会員となった放菴は、いったん辞任したが、1937年の帝国芸術院設立時に再任命され、その後は1958年に辞任するまで、日本美術の将来のため、芸術院の活動に尽くした。帝国美術院時代から数えて、まもなく100年という歴史と伝統をもつ日本芸術院には、同院会員の作品をはじめ、日本芸術院賞を受賞した作品など、近現代の巨匠たちの作品が数多く所蔵されている。本展は、これら名品の数々から、小杉放菴と同時代に活躍した美術家たちを中心とする日本画、洋画、彫刻作品を紹介するとともに、放菴にとって日本芸術院の会員であったことは、どのような意味を持っていたのかを考える機会とするものである。また、これにあわせ、小杉放菴が会員だった時代の芸術院美術展出品作である、《金太郎遊行》(栃木県立美術館蔵)も特別出品される。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)、毎週月曜日休館(祝日のときは開館、その翌日を休館)

料金

一般720円、大学生510円

※高校生以下無料
※20名以上の団体は一般640円、大学生460円
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方とその付き添いの方1名は無料
※第3日曜日「家庭の日」(7月15日、8月19日)は、大学生は無料
※7月22日は「親子の日」につき、お子様(高校生以下)連れの保護者の方は2名まで無料

出品作家

小杉放菴

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play